メッセージ

名誉校長 安来市長 近藤 宏樹

島根総合福祉専門学校が果たす地域の役割に期待すること
少子高齢化が進む中、安心して子どもを産み育てることができ、また、高齢者の方も障がいのある方も、住み慣れた地域で安心して暮らすことができるために、福祉を担う人材の必要性が高まっています。本市では、島根総合福祉専門学校の学生に対して奨学金による支援や市内介護事業所と連携した生活費の援助など、福祉人材育成のための制度を拡充しています。一人でも多くの卒業生に、その力を本市で発揮していただくことを期待しています。