社会福祉士科通信課程(設置認可申請中)

福祉の現場で活躍する
相談援助のプロフェッショナルに !

社会福祉士について

社会福祉士とは

社会福祉士は 1987 (昭和 62) 年制定の「社会福祉士及び介護福祉士法」で誕生した、ソーシャルワーカーの国家資格です。その職域は多岐にわたり、高齢者福祉や介護保険事業の施設・機関、障害者福祉施設・機関、児童福祉施設・機関、社会福祉協議会、行政機関、保健・医療機関などがあります。また、独立型の社会福祉士事務所を開設する社会福祉士も増えています。

このように多様な分野で相談援助や生活支援に取り組む社会福祉士は、福祉・保健・医療等の知識やソーシャルワークの専門知識や技術を活用して、地域で暮らす人たちを支援する専門職です。


社会福祉士の役割
社会福祉士は福祉課題を抱えた方やその家族からの相談に応じ、また必要に応じて福祉サービスの利用やその解決を支援する役割を担っています。また関係する機関や専門職、ボランティア、そして地域との連携を図りながら総合的・包括的に援助していくことも重要な役割です。

社会福祉士の活躍の場
社会福祉士は、ひとりひとりの対象者の身近なところで、いっしょに考え、ともに歩み、生活を支えるパートナーです。

・地域の身近な生活の場で
地域包括支援センターや相談支援事業所、児童相談所、福祉事業所、社会福祉協議会など。

・様々な福祉施設で
高齢者福祉施設、障害者支援施設、児童養護施設など。

・医療や教育など様々な支援の場で
保健医療機関における医療ソーシャルワーカー、教育機関におけるスクールソーシャルワーカー、その他司法分野や更生保護分野など。

学習内容

社会福祉士科では、レポート、スクーリング、相談援助実習の 3 つの柱で実践スキルをバランスよく習得し、福祉、保健や医療の分野で幅広く活躍できる人材を育成します。

1. レポート(通信授業)
通信課程は自宅学習が基本です。
各科目ごとの「レポート課題」に従ってレポートを作成し、決められた期間にレポートを提出します。
担当教員の添削指導を受けて学習を重ねます。

2. スクーリング(面接授業)
講義や演習を通じて相談援助の知識と技術を身につけます。
受講生はスクーリング全日程(6 日間、45 時間)の出席が必要です。
同じ志をもって学習している受講生が集まる機会ですので、受験を乗り越える仲間づくり、終了後のネットワークづくりの場でもあります。
※平成 31 年度 7 月 ~ 8 月を予定(夏季集中型)

3. 相談援助実習(該当者のみ)
実際に社会福祉の現場で実習を行い、相談援助に関する専門知識や専門援助技術及び関連知識を学びます。
本校が指定する施設において連続 180 時間以上(23 日間)行います。
※平成 31 年 9 月 ~ 平成 32 年 6 月を予定。
※実習施設については平成 30 年 8 月ごろ完成予定の募集要項をご覧ください。

特長

  1. 島根、鳥取両県で唯一の社会福祉士一般養成施設通信課程(設置認可申請中)
  2. ライフスタイルに合わせ、自宅学習で資格取得を目指せます
    働きながら、子育てをしながら、時間を上手に活用して学べる通信教育。通学制と比べると時間や費用の負担が少ないのも魅力です !
  3. 介護福祉士養成校の長い歴史と伝統が本校にはあります。長年の経験と実績、福祉教育のノウハウがあります
  4. 社会福祉士国家試験受験資格取得だけではなく、現場で活きる、そして地域社会で活躍できる社会福祉士を養成します
  5. きめ細やかなレポート指導と添削
    科目の添削は、第一線で活躍している本校の教員が行います。
  6. 経験豊富な講師陣によるスクーリング講義&演習
  7. 実習中のサポートも充実
    実習中は本校の専任教員がみなさんの実習先を訪問します。実習中の悩みや不安をその場で解決できるので、安心して実習を行うことができます。
  8. 学びやすい学費設定
    本校の社会福祉士実習施設の職員の方は、入学金を全額免除します。実習施設についてはお問い合わせください。
  9. ケアマネジャーからソーシャルワーク専門職へ。社会福祉士の取得で守備範囲を広げることができます
  10. 万全の就職サポートシステム
    本校の進路担当の専任教員が親切に相談に応じます。本校には長年培った福祉現場とのネットワークがあります。

本課程の概要

入学資格
  • 一般系大学等 4 年
  • 一般系短大等 3 年+相談援助の実務経験 1 年
  • 一般系短大等 2 年+相談援助の実務経験 2 年
  • 相談援助の実務経験 4 年

修業年限

1 年 6 ヶ月

定員
40 名

入学時期
平成 31 年 4 月

取得できる資格
社会福祉士 国家試験受験資格

募集地域
島根県、鳥取県、山口県、広島県、岡山県

入学選考
小論文・書類による選考

学費
項目金額備考
入学金 30,000 円 本校指定実習施設職員等入学金免除制度
本校の社会福祉士実習施設の職員の方は入学金を全額免除します。
実習施設についてはお問い合わせください。
通信授業料 200,000 円  
面接授業料①(相談援助演習) 70,000 円  
面接授業料②(実習指導) 25,000 円 該当者★(実習が必要な方)のみ必要  
現場実習授業料 80,000 円
★入学(平成 31 年 3 月 31 日)までに指定施設において、相談援助業務の実務経験が 1 年未満の方は実習が必要となります。
※再判定(レポートの未提出・不合格)や継続履修(留年)の場合は別途、費用が必要となります。

修学資金貸付制度

各都道府県社会福祉協議会において、介護福祉士・社会福祉士養成施設に在学する学生に対し修学資金の貸付等(返還免除規定あり)を行っています。希望される方は各都道府県の社会福祉協議会の担当窓口にお問い合わせください。

進学相談会

下記日程で進学相談会を実施しています。
実施日 時間 実施日 時間
1  4/21(土) 13:00~15:30(受付12:30~)  6  8/25(土) 10:00~12:30(受付9:30~) 
2  5/26(土) 13:00~15:30(受付12:30~)  7  9/29(土) 13:00~15:30(受付12:30~) 
3 6/23(土)   18:30~20:00(受付18:00~) 8  10/13(土)  13:00~15:30(受付12:30~)
4  7/7(土)  13:00~15:30(受付12:30~) 9  2/16(土)  13:00~15:30(受付12:30~)
5  8/4(土)  10:00~12:30(受付9:30~) 10  3/30(土)  13:00~15:30(受付12:30~)
※進学相談会に参加される場合は事前のご予約が必要です。各開催日の1週間前までお申し込みください。また、開催日以外にも個別相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-556-532

Q&A

Q. 実習は必ず行かなければなりませんか ?
A. 本校社会福祉士科通信課程の入学前に、厚生労働省令で指定された福祉施設等において相談援助業務(1 年以上)の経験がある方は、相談援助実習が免除されます。

Q. 実習が必要な場合、通常の 6 日間のスクーリング (面接授業) の他にスクーリングがありますか ?
A. 相談援助実習が必要な方は、相談援助実習指導(4 日間。27 時間)のスクーリングがあり、全日程の出席が必要です。その場合、スクーリングは合計 10 日間 (72 時間) 出席しなくてはなりません。
※平成 31 年 7 ~ 8 月の間で予定(夏季集中型)

Q. 実習に行くことに不安があるのですが
A. 実習中には本校の教員が巡回指導にあたりますのでご安心ください。