キャンパスレポート

< 前のページ 1 / 13 次のページ >

[2018-07-12] 日野高校1年生が来校されました

6月14日に日野高校の1年生が、体験学習で、島根総合福祉専門学校に来校されました。

まず、専門学校で勉強するということがどういうことなのかということを説明しまして、その後、学校設備を見学しました。介護の演習室や、図書館を回り、専門学校の設備がどのようなものなのか理解してもらえたことかと思います。

そして、介護の体験授業をうけてもらいました。テーマは「車いす体験」。車いすの操作や、乗車体験をし、介護というものに触れることができたのではないでしょうか。

来校された学生の皆さんが、介護というものの魅力を少しでも感じることができたのなら幸いです。

このような、体験授業を当校でだけでなく、各学校に出張することもできます。

多くの方に、介護という職業を理解してもらうことができる機会が、より多くなればいいなと思います。

[2018-06-29] 【6月8日】隠岐 海士町の福祉について講演いただきました

本校は毎年8月に隠岐郡海士町との福祉交流を実施しております。これは、学生が海士町に訪問し、島の福祉を体験する事業です。今年も交流事業の前段として、海士町役場健康福祉課の沼田課長と、社会福祉法人あま福祉会の特別養護老人ホーム諏訪苑の涌井施設長にお越しいただきました。
沼田課長からは、海士町の福祉をとりまく現状や独自の取り組みについて、また、8月の福祉交流事業の詳細についてご説明いただきました。涌井施設長からは、介護福祉士という国家資格にプライドをもって、現場で仕事をすることの大切さについて、お話いただきました。
 本校は、海士町との福祉交流を大切な学びの場の一つと考えています。8月には、実際に島の皆さんと交流し、たくさんの事を学んで欲しいと思います。

[2018-06-21] オープンキャンパスフェスタ、無事終了しました

6月16日(土)に大イベント「オープンキャンパスフェスタ in 島総福」を開催しました。
多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

いつものオープンキャンパスでは、介護について知ってもらおうと、体験授業を実施していますが、この日はもっと学校の事を知ってもらえるようなメニューを用意しました。なんと、当校の在校生が作ったレクリエーション、そして、腕自慢の教員と学生によるスペシャルランチ!!

まず、午前のレクリエーション。
介護福祉士科の学科長と1年生が作ったゲームをしました。このゲーム、先日、県の退職者会でも披露して好評だったのです。まだ入学して3カ月にも満たない学生が考えたとは思えない素晴らしい内容でした。段どりや進行、日々の学習の成果が出ているなと感じました。一緒に参加した、当校教職員チーム、大人げなく全力で勝ちにいく姿は言葉にはできません(笑)

ゲームで動いたあとは、昼食。
田植えでもお世話になっている比田のお米を使ったカレーライス、絶品のだしを使ったうどん、サラダに山盛りのから揚げ。どれもとっても美味しくできました。学校紹介ムービーを上映しながらのランチパーティーは参加された皆さんと当校の教職員の距離をぐっと近づけてくれました。島根総合福祉専門学校のことを肌で感じることができたのではないでしょうか。

そして、午後の部。
今度は2年生が考えたレクリエーション。こちらは5月末に比田地区の老人会のイベントで認知症予防をテーマに行われたレクリエーションです。目的をもったレクリエーション、介護現場では必要なことです。1年生のゲームも素晴らしかったですが、やはり1年間学んだ差というものを感じました。参加者の皆さんにも、介護の仕事というものを理解していただけただろうと思います。

ということでオープンキャンパスフェスタ、大好評で終了しました。
皆さま、ありがとうございました。
次は6月23日18:30~の夜のオープンキャンパス、そして7月7日13:00~の通常のオープンキャンパスです。

[2018-06-12] 5月26日は第2回オープンキャンパスでした

ちょっと前のことになりますが、5月26日に第2回オープンキャンパスを開催しました。

今回は、ベッドメイキング体験ということで、寝床の準備を参加者の皆さんに体験していただきました。
本校の在学生がお手本を見せ、参加者と在学生が協力してベッド1台を完成させました。参加者のみなさんはもちろん初心者。しかし、そうとは思えないほどきれいにシートを敷くことができました。

シーツをきれいに敷くことは、利用者が不快感を感じないようにすることはもちろんですが、褥瘡(じょくそう、床ずれ)を予防するという重要な目的があります。福祉の仕事をするうえで、大切なことを経験していただきました。

次回は6月16日(土)10:30~です。
オープンキャンパスフェスタ in 島総福と題して、楽しいコンテンツを準備しています。
是非ご参加ください。

[2018-05-29] 【グランドフィナーレ】すくすくまつり 無事終了しました

第14回「すくすくまつり」を5月26日(土)広瀬中央交流センターにて開催しました。このすくすくまつりで何を子どもたちに伝えたいかということについて、学生は話し合いを重ね、今年は“あつまれ!みんなにこにこ笑顔~仲間を探しに冒険だ”をテーマに取り組んできました。

当日は、パネルシアター、歌、ダンス、劇を中心に発表し、130名を超える来場者にお越し頂きました。前日までは笑顔や表現が固い学生もいましたが、当日はたくさんの子どもたちの笑顔や学生たちの笑顔に会場が包まれ大成功に終わりました。

また、本学科は来年度から大阪健康福祉短期大学保育・幼児教育学科に移行するため、児童福祉科として開催する最後のすくすくまつりとなりました。子どもたちの健やかな成長を願い、1期生が名付けた「すくすくまつり」が14年間継続できたことを地域の皆様、関係者の皆様、卒業生に心より感謝申し上げます。昨年、今年とすくすくまつりに来られたお子さんが「今年もライオン(昨年、登場したキャラクター)出るかな~」と開演前に言っておられました。当科の「すくすくまつり」は終わりとなりますが、子どもの心の片隅に残り、繋がっていくことができたとすれば、すくすくまつりはこれからも続いていく可能性を秘めていると実感した一言でした。


< 前のページ 1 / 13 次のページ >